多汗症で悩んでいるあなたへ!覚えておきたい汗対策!

これから夏がどんどん暑くなってきて、どんな人でも汗が止まらなくて困りますよね。
でも、多汗症の人は普通の人と比べたら想像もできないほどに辛い気持ちになるかもしれません。

そんな多汗症で悩んでいるあなたに、汗をおさえる方法を紹介したいと思います。
この汗対策を知っているだけでも、少しは安心できるのではないでしょうか?

汗対策その1 手のツボをマッサージする
ツボというのは押す場所によって様々な効果を発揮してくれます。
汗をかいてどうしようもないとき、このツボを覚えておくだけであなたの気になる汗をおさえることができるかもしれません。

合谷(ごうこく)

このツボは、手の親指と人差し指の骨が交差している場所に存在します。
骨が交差しているところの人差し指のくぼみが合谷です。

後谿(こけい)

このツボはまず手をグーの形に握ります。
その際に、小指の付け根あたりがぷくっと盛り上がるはずです。
この部分が後谿になります。

このように、ツボというのはどんな状況においても簡単に押すことができます。
たとえば、満員電車の中や会議中など身動きが簡単には取れない場面がいくつもありますが、
この対策を覚えておけば、いざというときに役に立ってくれるはずです。
汗対策その2 効率よく体温を下げる
そもそも汗をかいてしまう原因のほとんどが体温の上昇に関係しています。
そのため、効果的な体温の下げるポイント知っておけば、体温上昇をふせぐことができ汗もおさえることができます。
体温の上昇を抑えるためには、リンパを冷やすことが非常に効率がいいと言われていいます。

具体的なポイントは次の場所です。
・首の後ろ
・左の鎖骨のした
・腋
・ひざの裏
・太ももの付け根部分

この五つのポイントを氷が入ったペットボトルや冷却ジェルで冷やせば、
体温の上昇自体がおさまるので、汗をかかずにすみます。
多汗症が気になる人にとってこれからの季節は本当に大変です。
しかし、このようにさまざまな対策を知っておくことで、いざという場面で辛い思いをする必要がなくなります。
しっかりとこの対策を頭にいれて、これからの季節を乗り切りましょう!

多汗症対策に効果がある入浴の仕方

多汗症に悩んでいる方は、多汗症を改善するために様々な方法を試しているかもしれません。
ミョウバン水を使ってみる、食事を改善してみる、生活を見直してみる…。
たくさんの方法を試しているとは思いますが、もしまだこの方法を試していないのであれば、一度試していただきたいです。
私は、この方法で多汗症の症状を抑制することができました。
その方法というのは入浴の仕方を意識するという方法です。

多汗症に効果がある入浴方法

多汗症に効果がある入浴方法というのは、半身浴など湯船にゆっくりとつかってたくさん汗をかくという方法です。
多汗症の人は、自分自身が汗をうまく調節できないので、エアコンが効いている部屋に長い時間いたりすることが多く、
汗をかく機能がうまく働いていない人が多いとも言われています。

そのため半身浴などをして、長い時間湯船につかりじっくりと汗をかくことで、汗をかく機能を正常に戻すことができる可能性があるのです。
また、自分で体温調節をせずに汗を体に溜め込んでしまったりしている場合、汗の菌が体の中で繁殖してしまい、臭いが強くなってしまう傾向があります。
そういった体の中に溜まった汗を毎日しっかりと流すことで、汗の状態をきれいに保ち、臭いもおさえることができます。

また、汗をかくという行為には交感神経と副交感神経が関わっているということはご存知ですか?
長くリラックスした状態で湯船につかることにより、この交感神経と副交感神経のバランスが整えられるので、
汗のかき方が改善されることもあります。
この入浴方法もあくまで多汗症を改善するひとつの方法です。
残念ながら万能な方法とは言えませんが、この方法で多汗症を改善できたという例も確かにあります。
ですので、もしあなたがこれまで多汗症でお悩みで様々な方法を試してきたのなら、ぜひこの方法も試していただきたいです。
毎日のお風呂でゆっくりリラックスして一日の疲れをとりながら、多汗症改善にも取り組んでみてはいかがでしょうか?

漢方薬で改善する多汗症

人より多い量の汗をかいてしまう多汗症。
この症状で悩まされている人は案外多いものです。

多汗症といってもその症状の程度に大きな差があります。
ほんとに人より少しだけ汗をかく人もいれば、どっと汗をかいてしまい他人と接触するのが億劫になってしまうほどの人もいます。

この多汗症を抑制する方法は様々ありますが、本当に必要なのは多汗症を根っこからか改善していくことです。
この根本的な改善に効果があると言われているのが漢方薬です。

多汗症に効果があるとされている漢方薬をふたつ紹介します。
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
これは血圧が高く、体がのぼせてしまっているような状態の方に効果がある漢方薬です。
体力に自信があり暑がりだと感じている方にはおすすめです。
ただし、副作用として吐き気を感じる場合があるので注意が必要です。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

これは体温の上昇や緊張で感じるドキドキ感をおさえてくれる効果があります。
黄連解毒湯とは違い、体力がない方にもおすすめできる漢方薬です。
・漢方薬を使って多汗症を改善する上で大切なこと
漢方薬をというのは、非常に歴史が長く2000年以上とも言われています。
それだけ歴史がある薬ではあるのですが、現代においては正しい使用方法を知らないままたくさんの人が使ってしまい、「あまり効果がない」と思われてしまっている傾向があります。
しかし、これは間違いです。
漢方薬には確かに効果があるのです。
しかし、正しい使用方法を知らないまま使ってしまうため効果がないのです。
もしあなたが漢方薬を使って多汗症を改善したいとお考えなら、まずは薬局などで薬剤師にしっかりと相談することが大切です。
そのうえで自分にあった漢方薬を見つけて、正しく使用しましょう。
そうしない限り、漢方薬を飲み続けても意味はありません。
自分にあった漢方薬をみつけて、すこしずつ多汗症を改善していきましょう。
そうすればあなた自身、自分に自信をもつことができるようになるはずです。

治療が必要な多汗症か見極めてから対策を!

汗は体温を調節するという大事な役割があります。運動や気温の変化で体が温まった時に限らず生活に支障があるほど汗をかく時は多汗症の場合があります。多汗症には全身から汗が出る全身性多汗症と手や足、脇など一部分にだけ大量の汗をかく局所性多汗症があります。汗腺が多いワキの下、顔、手のひら、足の裏などは汗をかきやすい部位です。
原因がはっきりわからない多汗症は原発性多汗症と呼ばれています。疾病や薬が原因で症状があらわれる続発性多汗症は元となっている疾病を治療しなければなりません。

多汗症に悩む人は男女とも同じくらいの比率になります。自分が多汗症であるかどうかを判断するには六つの基準があります。その中から二つあてはまれば多汗症として治療を受ける対象になります。一つ目は自分と同じように大量の汗をかく人が家族や親戚にいるかどうかです。多汗症は遺伝の可能性を否定できません。二つ目は大量の汗をかき始めた時期が25歳より前だったかどうかになります。三つ目は右と左で同じように大量の汗をかいているかどうかです。片側だけの場合は別の疾患の疑いも出てきます。四つ目は日常の生活に問題が生じるほど大量の汗をかくことです。五つ目は1週間に1回以上、明らかに多汗症であると考えられる症状が出ていることになります。多汗症の方の話を聞くと、汗で書類が湿ってしまう、バッグの持ち手がベトベトになる、手が濡れていて握手をすることができない、汗が染みるので服の色を選ばなければならないといった経験を頻繁にされています。六つ目は活動している時のような異常な発汗が睡眠中には起きていないということです。

基準に当てはまり対策をしたいと思う場合、皮膚科を受診する方が多いです。中には多汗症専門外来、発汗異常外来で多汗症を専門的に診療しているところもあります。また美容外科でも治療を受けることができます。治療法は医療保険でできるものからそうでないものまで様々ですが、まずは相談と検査で正しい診断を受けてみましょう。多汗症の改善はそこからがスタートです。

もし多汗症で間違いなしということになれば、いよいろ多汗症の治療ということになります。
治療法はさまざまありますので、ここを参考にするといいでしょう。
http://www.breakingdownboundaries.org/category3/entry14.html

くれぐれも見極めは慎重に。
迷う場合は医師の診断をきちんと受けるようにいたしましょう。

適切な対策方法を見つけるために知りたい多汗症

生活に支障が出るほど汗が出てくる多汗症。多汗以外に何らかの症状がある時は疾病による多汗症が考えられるので医療機関で適切な治療を受けなければなりません。糖尿病の方は糖尿病性神経障害によって自律神経に障害が起こり多汗になることがあります。甲状腺機能亢進症になると甲状腺ホルモンの過剰分泌により多汗になります。その他にも自律神経失調症、白血病、結核、褐色細胞腫など様々な病気で起こりうるので注意してください。
また、更年期障害や、妊娠、月経の影響でホルモンバランスが乱れている時も多汗になることがあります。常に汗をかき続けている時もあれば、突然、滝のような汗が噴き出してくる場合もあるので汗対策に悩まれる方がたくさんいます。ホルモンの分泌の影響で自律神経が乱れているので、サプリメントや市販の漢方薬などを上手に利用してみるのは解決策の一つになります。状態がひどい場合には産婦人科で治療を受ける方法もあります。

多汗症の多くはストレスや不安、緊張が大きく影響しているといいます。これらによって交感神経が活発に働くとたくさん汗をかいてしまうのです。
肥満傾向にある人にも多汗症は多いです。肥満で皮下脂肪が厚くなると熱は体の外へ出にくくなってしまいます。放出されなければ体温が上がるので、それをコントロールするため余計に汗をかくことになります。内臓脂肪が多い隠れ肥満の人も血液中の脂肪酸濃度が高くなることで皮膚の血流が悪く熱がこもりやすくなるので同じように発汗が起こるのです。他に精神的なことが原因で多汗症になることもあります。不安やストレス、緊張により自律神経の働きが乱れ大量の汗が出てしまうのです。

多汗症は遺伝と関係があるとも考えられています。2006年に佐賀大学の研究チームは原発性手掌多汗症の原因遺伝子が推定されたと発表しています。多汗症治療に病院へ行った際、診断時に家族歴を確認されることがあるのはこのためです。
食べ物や飲料、たばこなどによっても発汗が促される場合があり大量の汗が出る場合もあります。発汗を促進する食べ物を食べなくても汗が止まらない味覚性多汗症の場合、食事をすることにストレスを感じ精神的な疾病を引き起こすこともあるので注意が必要です。
診断基準を満たせば多汗症は病気として扱われ健康保険を使って治療を受けることもできますので、気になる時は専門の医療機関を受診してみてください。

多汗症の人は避けるべき?発汗に拍車をかける食品

辛いものや酸味のあるものを食べた時に頭や顔、首のあたりから汗が噴き出てきた経験はありませんか?飲食をしたことによって起こる発汗を味覚性発汗と呼びます。これは誰にでも起こる発汗ですので気にする必要はありません。人によっては甘いものを食べた時にも発汗は起こります。食べ物や飲み物を口へ入れた時に舌で受けた刺激が感覚神経を通り脳へ伝えられていることによって発汗するといわれています。しかし通常より明らかに大量の汗が出る場合には味覚性多汗症の可能性があり味覚性発汗と神経性発汗の両方に原因があると考えられています。食べ物によって発汗したことが気になり、食事中に人前で汗が止まらなくなったらどうしようといった不安が状態を悪化させてしまうのです。味覚性多汗症が疑われる場合は医療機関で相談し、投薬等で治療することをおすすめしますが、発汗を促す食品を避けることも一つの手段です。他の多汗症の人も外出時にはこうした食品を控えた方が無難です。

夏場は夏バテしてしまわぬようスタミナをつけるためにしっかり食事を取る方も多いですね。焼き肉はタレやキムチなどニンニクを使用したものを一緒に取ることが多くなるので汗が出やすくなります。子どものいる家庭では応用が利き定番ともいえるカレーもカレー粉に含まれる香辛料の影響で発汗は激しくなります。中華料理も料理によってはネギ、ショウガ、唐辛子がたくさん使われるので注意しなければなりません。洋食では黒こしょうをたくさん使ったペッパーステーキなどでも発汗作用が上がります。土用の丑の日にうなぎを食べる時には山椒は控えめにしておきましょう。冷たいそうめんや蕎麦を食べて暑さを凌ぎたいのであれば、ワサビ、その他の薬味の量をコントロールしてください。

多汗症の場合は冬でも汗だくになることが多いので、鍋など体を温める料理に香辛料や薬味を使う時は気を付け、必要以上の汗をかくことで体調を崩すことのないよう気を付けましょう。
飲み物もショウガなどの入った刺激のある飲料は多汗症の方には不向きです。アルコールも体温が上昇することで発汗が促進されますし、二日酔いの状態でも汗が出やすくなるのでるので飲む量を加減することも多汗の対策になります。

多汗症で受診できる診療科はいろいろある

原因がよくわからない多汗症はどこで治療ができるのかご存知ですか?実際に多汗症の治療を行っている科は、皮膚科、内科、麻酔科、ペインクリニック科、精神科、心療内科、神経内科、形成外科、外科、胸部外科、呼吸器外科、美容外科など多岐にわたっています。症状や希望する治療方法によって行くべき科は違ってきますが、多汗症の悩みを持った方が最初に訪れるのは皮膚科が一般的です。
多汗症と診断された場合、皮膚科ではどのような治療を受けることができるのでしょう?

発汗の度合いが軽度の局所多汗症には塩化アルミニウムが配合された外用薬が処方されることがあります。毎日つけ続けることで効果が期待でき治療法の中では安価です。
イオントフォトレーシスは欧米でよく使用される治療法で水に浸した患部へ微弱な電流を流し汗腺の穴を小さくすることで汗を少なくする方法になります。一定の間隔をあけて治療を続けていかねばなりません。
外用薬やイオンを導入しても効果が出ない場合、抗コリン剤を服用することがありますが副作用が起こりうる薬であるということは覚えておきましょう。
わきや手のひら等の汗を少なくするためにA型ボツリヌス菌毒素製剤の局所注射両方を行うこともあります。
そうした治療でも治まらない時は外科的な処置が必要になります。手術によって胸部交感神経遮断術で交感神経の働きを止めてしまう方法を用いますが、手術後に別の場所に汗をかく代償性発汗やその他の合併症を起こす危険性もあります。

麻酔科やペインクリニック科では交感神経節ブロック、星状神経節ブロック等によって様々な多汗症の治療を行っています。
精神科や心療内科での治療はカウンセリング、自律神経訓練法、自律神経を調整する薬や不安感をなくすための薬の服用などが主です。
美容外科では安全性や効果が比較的高いと言われている、マイクロウェーブ波を使って汗を出にくくする新しい方法で治療を行うところもあります。
多汗症は精神面の影響も大きいので、どこの科を受診するにせよ自分の症状や悩みをしっかり聞いて治療方法を考えてくれる先生に相談した方がいいでしょう時間がとれない、病院へ行く勇気が持てない方は、生活習慣、食生活の見直し、サプリメントや比較的副作用が少ない漢方薬を利用して改善を試みるのも一つです。

多汗症だからこそ重要な水分摂取

多汗症の方なら誰しもできるだけ汗をかきたくないと思うでしょう。だからといって汗の量を減らすために水分摂取を控えるのは絶対に避けなければなりません。過剰に摂取した体が必要としない水分は汗ではなく尿として老廃物とともに排出されます。水分摂取量を減らしても、体温が上昇すれば熱を外に出し体温を下げようとする働きで汗をかきます。もしも必要な水分が摂れていなかったらどうなってしまうのでしょうか?

夏場の暑い日には脱水を起し熱中症になる方が大勢います。症状がひどければ命にもかかわります。冬場も水分が足りなければ脱水は起こりますし、肌などもカサカサになってしまいます。ただ多汗症の方もそうでない方も脱水になるのは水分の摂り方が足りないだけではありません。脱水とは体に必要な水分と電解質の両方が失われている状態のことをいいます。汗をどんどんかく人の汗は電解質の濃度が上がっているため、たくさんの電解質が失われてしまいます。
環境省の熱中症環境保健マニュアルには食事などから摂取する水分は除き、日常の生活の中で飲料として摂る水分量の目安は1.2?と書かれています。暑い中を動き回った時、運動した時などは当然それ以上の水分が必要となります。多汗症の方の場合は、自分の体調、汗の様子をみながらコントロールしていかなければなりません。

汗が大量に出ているからと電解質のことを考えてスポーツドリンクばかりを飲むのはおすすめできません。スポーツドリンクの飲み過ぎは知らず知らずのうちに糖分を摂りすぎてしまうことがあります。人工甘味料を使用しているスポーツドリンクも使われている甘味料によっては飲みすぎると下痢を起こす場合もあるので注意が必要です。カフェインを含んだ、コーヒーやお茶類、ビールなどのアルコール飲料も利尿作用があるので、汗の量が多くなる時期には控えたほうがいいでしょう。しかし、精神的な面が多汗症の原因となっている場合、コーヒーやお茶の種類によっては精神安定効果が期待できますし、お酒を飲むことでストレスを発散される方もいますので、そうしたリラックスタイムは大事にしてくださいね。

多汗症を改善する食事

多汗症というのは、簡単に言ってしまえば人より汗をかきすぎてしまう症状のことを言います。
汗を多くかいてしまうと、やはりどんな人でも恥ずかしいものですよね。
スポーツをしていたりする場合は別ですが、日常生活…会社や学校でみんなは涼しい顔をしているのに、自分だけ汗をかいていると気分がめいってしまいます。
今では多汗症を抑制するためのたくさんの方法が知られていますが、それはあくまで一時的に汗を抑制するだけで根本的な解決にはならない場合がほとんどです。

多汗症の人が本当に望んでいるのは、その場しのぎの改善ではなく、根本的な改善のはずです。
多汗症を根本的に改善するために必要なことは「食事の改善」と言われています。
今回は多汗症を改善するための食事をいくつかご紹介します。

1.豆類を多く摂取する
豆類には、発汗を抑制してくれる作用があります。
納豆、煮豆、豆腐、豆乳…。
豆類をとることのできる食材はたくさんありますね。
たくさんの食材を活用して毎日の食事をとることであなたの過剰な発汗作用が抑制されるはずです。

2.動物性脂肪
人間は肉類を食べることで体温が上昇してしまいます。
当たり前のことですが体温が上昇してしまうということは、汗をかきやすくなってしまうということです。
また、汗をかくときには皮脂が分泌されます。
動物性脂肪を頻繁にとってしまっていると、この分泌される皮脂から嫌なにおいが発生することがあるので、
多汗症で悩んでいるならそういった意味もこめて動物性脂肪が含まれている食事は控えたほうがいいでしょう。

3.刺激物を控える
刺激物…。
つまり、トウガラシやキムチ、カレーライスなどの食事には体温を上昇させる効果や発汗の効果があります。
そのため、多汗症が気になるのであれば、極力控えたほうがいいでしょう。
もし食べたいときは、夜など外に行く予定がないときなど、時間を選んで食べた方が賢明でしょう。
以上が多汗症を改善するための食事の一例になります。
食事というのは、生きていくうえでかかせないものです。
しかし、その食事の摂取の方法はたくさんあります。
自分に会った方法を見つけて、無理をせずすこしずつ多汗症を根本から改善していきましょう。